施設長ご挨拶

老健施設長 籠島 忠
介護法人保健施設
シルバーケアまほろばの役割
 シルバーケアまほろばは、済生会中和病院に併設されている介護老人保健施設であり、地域に密着して保健・医療・福祉サービスにおいて連携しています。高齢化社会が進み、自宅での介護が必要となっている方が増加してご家族への介護負担は大きくなっています。また病院での療養中に低下した身体能力の回復を支援する介護を要介護高齢者(要介護1以上)の方に提供しています。シルバーケアまほろばでは、利用者様の尊厳を守り、楽しい施設生活を通じて生活機能の向上を図り、ご家族の介護負担の軽減を支援します。在宅生活を過ごせるように、また、病院療養生活に伴う身体能力低下を改善を目指して自立した生活能力を獲得できるように積極的なリハビリを介護保険制度下で介護度に応じた支援を行っています。さらにまほろばでは、個々の利用者様の生活能力に応じた療養計画をたてて利用者様、ご家族ととともに在宅復帰を目指して、医師・看護師・介護士・リハビリ・栄養士、支援相談課などがチームで支援しています。社会福祉法人であるまほろばでは介護無料低額診療事業、看取り事業に対応しておりますので気軽に相談下さい。